トップページ > スタッフ紹介 > 

コーチ・ワントゥワン代表 横田幹雄

経歴

1965年(昭和40年)5月25日生まれ
1984年
事業家を目指し、当時、大阪の小売店では最も厳しいといわれる陸軍中野学校(当時のスパイ養成学校)元教官の率いる株式会社ナニワへ入社。創業社長の元で「人に対する深い愛情と、ビジネスに対する命がけの行動」を学ぶ。さまざまな分野の商材を取り扱い、知識と経験を積む。その後、仕入れ責任者とし、海外ブランド商品を求め世界を勇躍する。
1996年
師の教え「自分を磨く」をテーマに、さらなる成長を求め、職務と並行しながら宝飾専門学校 ジャパン ジュエリー ビジネススクールへ入学。
1997年
宝飾品の知識・技能を身につけ、未来へのビジネスの可能性を持って卒業。宝石学の探求者 畠健一校長に師事する。
1997年
ジュエリー部門を経て、高級時計部門店長にて退職。日本的経営と世界の経営手法の違いに疑問を感じ、人間中心の経営と更なる成長を目指すべく独立する。
1997年
ウイット コーポレーションを設立。
(株)ナニワ國吉勇次氏の厳しい訓練の成果によって、海外ブランド輸入事業において急成長を果たす。
2000年
好事魔多し、詐欺事件に遭遇し、これまで成果の全財産をなくす。
2001年
呆然自失のなか、幾多の人間学を学ぶ。「我思う、人と共に生きる、ゆえに我あり」 人の大切さを開眼する。
2001年
『人は人によって癒され、人は人によって磨かれ輝く』を理念に、スペシャリストの自律と互いに与え合う人間関係を創る会社、有限会社 チームワークを設立。
2003年
カウンセリングと出会い、自己概念に囚われていた自分に気づき、コミュニケーションによって開放される事を体験。その後、本格的に学びカウンセラーとなる。
2004年
更なる進化を目指しコーチングを学ぶ。コミュニケーションによって人間は無限の可能性を引き出され、自発的な行動を起こす事を確信する。
2005年
コーチワントゥワンを主唱し、『人に勇気と元気を!』をテーマに、プロコーチを生涯の仕事とし、活動を開始する。
2005年
ジャパン ジュエリー ビジネススクール 畠健一校長の要請により、人間の心と行動を促進する授業 『ビジネスマインド』 の主任講師となる。
2005年
(財)生涯学習開発財団 認定コーチの資格を取り、国際コーチング連盟の指導する熟練した技術を身につけたコーチとなり、ビジネスに成功をもたらすサポーターとして多くのクライアントから評価を得る。
2006年
認定コーチの資格の中でも、更にワンランク上を目指し、資格取得から最短距離で次の資格である「認定プロフェッショナルコーチ」の資格を取り、国内では2000人の有資格者の一人となり、多くのクライアントさんと共にコーチングセッションを楽しみながら、ビジネスやその人の目標に更なる大きな成果を生み続けるコーチとなる。
 〃  
JBSジュエリービジネスコース 『ビジネスマインド コーチング』の講師を務める
2008年
社会教育の推進、個人の能力の開発と雇用機会の拡充を目的にNPO法人「互恵支援ネット」を創設。「人と人をつなぎ、未来に夢と希望を」をモットーに全国規模で互恵の活動を推進する。
2009年
NPO法人日本キャリア開発協会 認定キャリア・デベロップメント・アドバイザー(CDA)資格 取得
2010年
大阪市より依頼を受け、市職員向けの研修講師を務める


横田幹雄の人生の歩み


 

新着コメント

その夢って叶うのぉ〜?
横田@coach1to1 さんより
アミーゴ さんより
ひらめちゃん さんより

▲このページのトップへ