トップページ > コーチングメニュー > 

コーポレートコーチング

明日を担う堂々たる企業となるためには、リーダーが単なる管理者・指導者ではなく、「コーチ」というスタンスに立ち、自らが考え行動する自立した部下を育て、生かす能力を身につける必要があります。部下の育成ができた時、 社員一人一人の自発性が十分に発揮され、それぞれがリーダーとしての広い視野と考えを持つ活性化した組織集団になります。

つまり、企業のリーダーはコーチングを学び、身につけ活用することが組織を活性化させるキーポイントとなります。

また社内にコーチングスキルを導入することで、社員がコーチングスキルを身につけると、小さな目標が見えた時など、すぐに社員同士でショートコーチングがおこなわれ、すぐさま成果に直結させる行動を取ることが可能になります。それがコーポレートコーチングです。

コーポレートコーチングでは、1〜2週に一回、企業に出向きグループコーチングを致します。同じ目標に向かった仲間を同時にコーチングすることが最大のポイントです。

グループコーチングでは、企業が進むべき目標を明確にし、そしてグループ全員で共有します。目標が明確になれば、あとはどんな行動を起こすかメンバー全員で考え、実際の行動に移します。

目標設定の他にも、また、社内コミュニケーションも活発になり、お互い切磋琢磨し資質の向上が実現します。

コーポレートコーチング時には、会社でキーマンとなる方が、「ビジネスコーチング(企業向けコーチング)」を平行して受けられることをお勧めいたします。

グループコーチングの料金は、コーチングレベル、時間、参加人数により異なりますので、まずはお問い合わせ下さい。

コーポレートコーチングのメリット

  • 企業の風土や雰囲気が明るくなり、社内が活力のあるものに変わる
  • 管理職をはじめ、社員全員のマネージメントが変わる
  • 仕事に対する意欲や、個々の仕事に対する責任者意識が高まる
  • 上司と部下の会話がスムーズになり、考え方が過去分析型から未来創造型に変わる
  • 会社と仕事、組織やグループに対する参加意識が高まる
  • 会議がこれまでの報告連絡会から、多面的で柔軟なディスカッションに変わります
  • これまでの枠に囚われないアイデアが生まれ、パラダイム・シフトが起こる
  • 仲間意識が高まりお互いが協力した姿勢でプロジェクトに取り組む
  • 管理職の指導力が上がり、部下を育て能力を生かすイキイキとした組織創りができる

コーポレートコーチングは、上司と部下の間に社外の専任コーチが介在することで社員全員のモチベーションを上げ、社内の人材がコーチングスキルを身につけ、成果行動に結びつけることです。コーポレートコーチングでは、社員が自発的行動を促進するためにコーチングを使って、指導力の向上、職務能力の向上、人間的成長、目標達成、創造性の発揮、信頼関係を確立するように専任コーチがサポートします。

詳しくはご相談の上、御社のニーズや課題に対して最も効果的な組み合わせで、コーチングの導入をおこないます。

また、高成果を上げ続ける仕組みを作るために、「エグゼクティブコーチング」や社員一人一人の「パーソナルコーチング」「ビジネスコーチング」など他のメニューとの組み合わせ、併用をお勧めいたします。

コーチング費用

210,000円から(税込/1ヶ月)

パーソナルビジネスエグゼクティブなどの併用する各コーチングの費用は別料金となります。

※コーポレートコーチングの進め方については、貴社のご担当者の方と相談のうえ設定いたします。

※基本的には、1回目は「基本的なコーチングの考え方や概念を理解する」をテーマにセッションを行い、2回目以降は貴社の状況、目的によってプログラムを設定させていただきます。

※グループセッションは一ヶ月に2回設定し、1回のセッション時間は約2〜3時間とお考えください。

関連するコーチング

二世後継者育成コーチング

 

セミナー情報

新着コメント

その夢って叶うのぉ〜?
横田@coach1to1 さんより
アミーゴ さんより
ひらめちゃん さんより

▲このページのトップへ