トップページ > エニアグラム > 

エニアグラムの目的

エニアグラム「エニアグラム」という言葉は、ギリシャ語で「9」の意味をもつ「エネア」と「図」の意味を持つ「グラム」の合成語で「九つの点をもった図」を意味します。

エニアグラムは「人間の本質は9つに分類される」という原則に立って人間の本質を明らかにするものです。本質とは、それぞれの人を活かす力の源であり、性格の根底を成す部分のことで、本当の自分とも言えます。

「人は誰でもその本質に素晴らしい可能性を持ち、自分を活かす力がある」というのが、エニアグラムの基本原則です。その力の特性が9つの種類に分類されるということです。

そして、この原則は世界中のどのエリアにおいても共通であり、男女、人種を問わず、各性格タイプはほぼ9つ均等に存在します。信じられないかもしれませんが、スタンフォード大学での長年の研究と検証によって実証されています。

エニアグラムがめざしているのは、分類ではなく、自分を突き動かしているエネルギーをバランスのとれた状態にもっていくことにあります。エニアグラムでは全ての人間が自分では自覚していない素晴らしい能力(本質)を探り出し、それを前提にあなたにまとわり付いているこだわりやためらい、恐怖、過信などを自覚し、あなたの“本来的にもっている可能性”を伸ばすためのバランスを回復させていきます。

タイプ分けは、こうしたエニアグラムの恩恵を受けるためのスタートラインなのです。それゆえに、エニアグラムは「リーダーを育てる人間学」とも言われています

人は誰でも「性格」に興味を抱くものです。「彼は短気な人だ」「彼女は内気すぎる」「僕は楽天的だから・・・」など性格を表す言葉で、多くの人は、自分や他人を評価しラベルを貼ることを好みます。しかし、一つの形容詞で表せるほど、人の性格は単純ではありません。

真面目で温厚なはずの人が短気さを見せたり、いつもロマンチックに夢を語る人がふさぎ込んで愚痴っぽくなったり、忠誠心の裏から反抗心をちらつかせたり・・・。誰もが、表面だけを見たのではわからない複雑さをもっており、だからこそ人間は面白いのです。

では、「あなたはどういう性格ですか?」と聞かれたら、何と答えるだろうか?

明確に自分を表現する人もいるし、あやふやな人もいます。また、自己分析が説得力を持つ人もいるし、自己イメージと他者の受ける印象がまったく異なる人もいます。

自分の性格をきちんと把握し、周囲の人も百パーセント同意できるという人には、なかなかお目にかかれませんよね。しかも中には周囲の受けるイメージに合わせて、まるで俳優のようにひとつの役柄を演じる“器用な人”もいるから、自分も周囲も納得しながらその自己イメージが本当の自分ではないケースも少なくありません。だから自分の性格でさえ、人はなかなか把握できないのです。

まさに「人間はミステリアス」と言えるでしょう。

しかし、このミステリアスで、把握しがたい人間の性格を、本質から解き明かし、明確なあなたの人間性を描き出す方法が、このエニアグラムです。

近年では、人材育成や自分探しや家庭教育等々でその有用性が確信されるようになり、日本では、ソニーやNTTなどにおいて、組織運営、リーダーシップ育成等に数多く活用されています。

また、その人間洞察の深さが、他に類をみないことから「21世紀の人間学」と呼ばれるようになっています。

NEXT.「エニアグラムの価値」

エニアグラムについて


無料心理テストへ

 

セミナー情報

新着コメント

その夢って叶うのぉ〜?
横田@coach1to1 さんより
アミーゴ さんより
ひらめちゃん さんより

▲このページのトップへ